強迫性障害 治療 子供

強迫性障害の子供の治療について

人間が生きづらくなっていると言われる現代社会。

 

 

そのなかで頑張れば頑張るほど、いろいろなことが精神的な負担になってくることが多いようです。

 

 

 

そしてそれは大人だけにとどまらず、子供に対しても大きな影響を及ぼしているといえますね。

 

 

 

精神的な病にはたくさんの病名や症状があります。なかでも「強迫性障害」と呼ばれる病気は心因性の原因によるものと脳の機能が原因となっているものがあります

 

 

 

強迫性障害ときくとなんだかなじみがありませんが、具体的には体や周囲の汚れが非常に気になり清潔にしておかないと気が済まないというものや、

 

 

 

自分がやったことが信用できず鍵をかけたかを何度も確認しないではいられないという症状が起きてきます。

 

 

 

 

軽度なものなら誰にでも起こりうるのですが、強迫性障害の患者さんは不安(強迫観念)が強すぎて日常生活を普通に遅れないほどになるのです。

 

 

 

こういった症状は子供にもでてきます。子供の強迫性障害の特徴は、大人との関係が原因となって発生するケースが多いという点にあります。

 

 

 

つまり周囲の大人から受けている精神的なプレッシャーから逃れるために無意識のうちに行っていることが多いのです。

 

 

 

 

強迫行為(きれいになっても掃除をする、鍵を何度も確認する、同じおもちゃを同じ順序で完璧に並べようとする)をくりかえすことで、

 

 

 

 

自分が置かれている状況をコントロールしようとしているのです。

 

 

 

 

子供の強迫性障害に対応するためには、家族の冷静な見守りが必要です。強迫性障害の子供が起こすトラブルに一緒に巻き込まれてしまうと、

 

 

 

家族全員が共倒れになることもあり得ます。また強迫行為を無理にやめさせようと強くしかりつけても逆効果になります。

 

 

 

 

子供に対して共感を示しながら、しかし禁止する項目については妥協しないという態度が求められるのです。

 

 

 

 

子供の強迫性障害については、薬物、認知行動療法、カウンセリングという治療法があります。

 

 

 

 

病気ですから治療ができますが、始めるのは早ければ早いほどいいようです。

 

 

 

 

気になることがあれば、すぐに専門家に相談しましょう。心療内科、小児科、精神科だけでなく、地域の保健センターなどでも相談を受け付けていますよ。