強迫性障害 治療費

強迫性障害の治療費について

強迫性障害とは、強迫観念と強迫行動を両方伴う精神疾患です。不安障害に分類され多くの方が苦しんでいます。

 

 

 

ほとんどの方は、自分の行っている行為が普通ではないと自覚されています。その事を、恥ずかしいことだと思いこんでしまう方が大半なので、

 

 

 

なかなか表面に出にくいこともあります。しかし、治療をすることでほとんどの方が改善され傾向にありますので、ぜひ専門医に相談される事をお勧めします。

 

 

 

そこで、治療費につて詳しくご案内します。精神科や精神神経科などで見てもらう事が出来ます。一般的な治療は、通院になります。

 

 

 

心理的なフォローや、薬物療法、認知行動療法、リハビリテーションを行います。

 

 

 

三割負担ですので、一般的に初診は3000円前後。再診は1500前後になると思います。

 

 

 

その他、薬などの治療が始まれば薬代として数千円前後になるかと思います。そのほか、家族を含めたカウンセリングなどは別料金で発生するでしょう。

 

 

 

また、強迫性障害と診断され通院の必要があるとなれば補助を受ける事が可能です。

 

 

 

ただし、三年以上精神疾患の治療をしてきた医師が診断しなければいけません。認定を受けられれば、三割自己負担を5%に減額ができます。

 

 

 

ただし、通院に限ります、入院に対する補償はありません。自治体によっては残りの5%も負担してもらえる所もあります。また、生活保護を受けられている方は無料となります。

 

 

 

地域によって補助内容は異なりますので確認ください。申請窓口は市町村です。

 

 

 

通院医療費公費負担制度というものになります。精神障害者福祉手帳を持っている方は医師の診断書が不要になります。

 

 

 

症状が改善されても、再発の可能性のある方はその後も継続して保証を受ける事が出来ます。有効期限は2年となります。この、通院医療費公費負担制度は働いている会社などに知られる事はありませんので安心して下さい。

 

 

 

なかなか、他の人に知られるのではないかと迷っておられる方もいらっしゃると思いますが、制度を利用し改善されるといいですね。