強迫性障害 治療

効果がなかったら返金!強迫障害を治療・完治

 

>>強迫性障害改善プログラムはこちらをクリック

強迫性障害の治療の基本は、専門医の指導を受け、薬物という手段も含めて治療を行っていく、というものです。

 

 

 

けれども全ての人が強迫性障害を適切に治療できる医師のもとへ通えるわけではないということ、

 

 

 

診察時には医師からみると警戒してきているように感じられても、実際自宅に戻るとまだまだ同じ症状を繰り返しているというような現状把握に差が生じることがあることなどから、「自宅で、自分で治療する」という選択肢も注目されていきています。

 

 

 

医師やカウンセラーによっては自宅での治療方法の代表である「認知行動療法」について指導をしてくれる場合もありますから、

 

 

 

そういった医療機関をまずは探してみるといいでしょう。

 

 

 

日常的に生活に支障が出るのが強迫性障害の大きな問題点である以上、

 

 

 

どんな治療をしても、もっとも長い時間を過ごす「自宅」で症状が出てしまうようだとなかなか社会復帰が叶わず辛い思いをしてしまいます。その点でも、初めから「現場」で治療を行っていく自宅での認知行動療法は意味があるものといえます。

 

 

 

では、認知行動療法の内容について簡単にみていきます。

 

 

 

うつの治療でも用いられることの多い認知行動療法ですが、強迫性障害の治療においては、行動自体を規制するのではなく、その行動を起こすもとになっている「認知」=個人の考え方、受け取り方に焦点をあてることで、思考と行動のネガティブスパイラルから脱出していくことを目指します。

 

 

 

自分の考えや行動を否定するのではなく、考え方を少しずつ変えていくところからスタートするので、いきなり行動がおさまるとは限りません。

 

 

 

けれどもはじめから100%を目指すのではなく、「こう考えられた」「こんなことができた」という小さな進歩を大切にするのが認知行動療法のポイントです。認知行動療法の自宅での実践については、サポートするサイトや書籍、機関も数多くありますので、興味を持ったらのぞいてみるのもいいかもしれません。

 

 

また下記の「強迫性障害改善プログラム」では、

 

 

自宅に居ながら病気を改善できます。

 

 

効果がなかったら全額返金保証ができるのは、効果がある証拠なのです。

 

 

1日も早くこの方法で病気を完治してくださいね。

 

 

>>強迫性障害改善プログラムはこちらをクリック

 

続きを読む≫ 2014/03/07 22:45:07

家族が強迫性障害になってしまった時には、家族のサポートも必要となってきます。

 

 

 

まず、強迫性障害は、ストレスなどが原因で、脳の神経伝達物質の分泌バランスが崩れることによっておこりますので、過度なストレスを与えることは避ける必要があります。

 

 

 

強迫性障害になると、日常生活を送ることも難しくなる場合もありますが、この時責めてしまったり、叱咤激励することは避けなければなりません。

 

 

 

患者さんは、自分でわかっていても、詳細な事柄が気になってしまうことで大きな悩みを感じています。

 

 

 

何とか治したいという強い気持ちを持っていても、なかなか自分をコントロールすることができない状態で、家族からも責められてしまうと、精神的な落ち込みを招いてしまいます。

 

 

 

家族が強迫性障害に悩んでいるときには、怒ったり責めたりすることなく、あるがままを受け入れるようにしましょう。

 

 

 

ただし、患者さんの不機嫌さを避けるために、言われるままに従ってしまうと、より症状も悪化しやすくなってしまいます。

 

 

 

強迫性障害の場合、自分で確認作業を行うだけではなく、家族などの周りの人にも確認作業を強制する場合もあります。

 

 

 

何度も手を洗うように言われるなどすると、そのまま従ってしまいがちなのですが、その結果、さらに症状が進んでしまいます。

 

 

 

確認作業を強制された場合でも、できないことをはっきりと伝える必要があります。

 

 

 

このように、家族のサポートで改善できる部分は多くなってくるのですが、早めに専門医の診察を受けさせることが一番のサポートになってきます。

 

 

 

強迫性障害については、抗うつ剤や安定剤を服用することにより、一定の効果が認められていますので、症状が軽いうちに精神科などの専門医からの治療を受けさ
せるようにしましょう。

 

 

 

専門医から適切な治療を受けることにより、症状が軽いうちに寛解させることができますし、家族としてもどのような対応を取ったらいいのか医師から教えてもらえるようになります。

 

 

 

強迫性障害を薬なしで自宅で治療する方法はこちらをクリック

続きを読む≫ 2014/03/07 22:41:07

人間が生きづらくなっていると言われる現代社会。

 

 

そのなかで頑張れば頑張るほど、いろいろなことが精神的な負担になってくることが多いようです。

 

 

 

そしてそれは大人だけにとどまらず、子供に対しても大きな影響を及ぼしているといえますね。

 

 

 

精神的な病にはたくさんの病名や症状があります。なかでも「強迫性障害」と呼ばれる病気は心因性の原因によるものと脳の機能が原因となっているものがあります

 

 

 

強迫性障害ときくとなんだかなじみがありませんが、具体的には体や周囲の汚れが非常に気になり清潔にしておかないと気が済まないというものや、

 

 

 

自分がやったことが信用できず鍵をかけたかを何度も確認しないではいられないという症状が起きてきます。

 

 

 

 

軽度なものなら誰にでも起こりうるのですが、強迫性障害の患者さんは不安(強迫観念)が強すぎて日常生活を普通に遅れないほどになるのです。

 

 

 

こういった症状は子供にもでてきます。子供の強迫性障害の特徴は、大人との関係が原因となって発生するケースが多いという点にあります。

 

 

 

つまり周囲の大人から受けている精神的なプレッシャーから逃れるために無意識のうちに行っていることが多いのです。

 

 

 

 

強迫行為(きれいになっても掃除をする、鍵を何度も確認する、同じおもちゃを同じ順序で完璧に並べようとする)をくりかえすことで、

 

 

 

 

自分が置かれている状況をコントロールしようとしているのです。

 

 

 

 

子供の強迫性障害に対応するためには、家族の冷静な見守りが必要です。強迫性障害の子供が起こすトラブルに一緒に巻き込まれてしまうと、

 

 

 

家族全員が共倒れになることもあり得ます。また強迫行為を無理にやめさせようと強くしかりつけても逆効果になります。

 

 

 

 

子供に対して共感を示しながら、しかし禁止する項目については妥協しないという態度が求められるのです。

 

 

 

 

子供の強迫性障害については、薬物、認知行動療法、カウンセリングという治療法があります。

 

 

 

 

病気ですから治療ができますが、始めるのは早ければ早いほどいいようです。

 

 

 

 

気になることがあれば、すぐに専門家に相談しましょう。心療内科、小児科、精神科だけでなく、地域の保健センターなどでも相談を受け付けていますよ。

 

 

 

早く子供さんを治したい方はこちらをクリック

 

続きを読む≫ 2014/03/07 22:36:07

強迫性障害とは、強迫観念と強迫行動を両方伴う精神疾患です。不安障害に分類され多くの方が苦しんでいます。

 

 

 

ほとんどの方は、自分の行っている行為が普通ではないと自覚されています。その事を、恥ずかしいことだと思いこんでしまう方が大半なので、

 

 

 

なかなか表面に出にくいこともあります。しかし、治療をすることでほとんどの方が改善され傾向にありますので、ぜひ専門医に相談される事をお勧めします。

 

 

 

そこで、治療費につて詳しくご案内します。精神科や精神神経科などで見てもらう事が出来ます。一般的な治療は、通院になります。

 

 

 

心理的なフォローや、薬物療法、認知行動療法、リハビリテーションを行います。

 

 

 

三割負担ですので、一般的に初診は3000円前後。再診は1500前後になると思います。

 

 

 

その他、薬などの治療が始まれば薬代として数千円前後になるかと思います。そのほか、家族を含めたカウンセリングなどは別料金で発生するでしょう。

 

 

 

また、強迫性障害と診断され通院の必要があるとなれば補助を受ける事が可能です。

 

 

 

ただし、三年以上精神疾患の治療をしてきた医師が診断しなければいけません。認定を受けられれば、三割自己負担を5%に減額ができます。

 

 

 

ただし、通院に限ります、入院に対する補償はありません。自治体によっては残りの5%も負担してもらえる所もあります。また、生活保護を受けられている方は無料となります。

 

 

 

地域によって補助内容は異なりますので確認ください。申請窓口は市町村です。

 

 

 

通院医療費公費負担制度というものになります。精神障害者福祉手帳を持っている方は医師の診断書が不要になります。

 

 

 

症状が改善されても、再発の可能性のある方はその後も継続して保証を受ける事が出来ます。有効期限は2年となります。この、通院医療費公費負担制度は働いている会社などに知られる事はありませんので安心して下さい。

 

 

 

なかなか、他の人に知られるのではないかと迷っておられる方もいらっしゃると思いますが、制度を利用し改善されるといいですね。

 

 

 

強迫性障害を薬なしで自宅で治療する方法はこちらをクリック

続きを読む≫ 2014/03/07 22:33:07

強迫性障害という病名の「強迫」は、時として脅迫と混同されることがあり、その病状の理解の妨げとなる場合があります。

 

 

 

強迫という心理状態は、合理的な理由の無い不安や心配事に病的なまでに囚われ、それを本人の意思で取り除くことができません。

 

 

 

患者本人の内部で発生し、患者自身が受け止めています。脅迫のように他者が介在することはありません。

 

 

 

強迫は「不安」と密接です。健常な人間でも、大きな不安や心配を抱えていれば、日常生活に支障をきたします。

 

 

 

不安のあまり気分が不安定になるのはもちろん、意図しないタイミングで考え込んでしまったりするのは想像に難くありません。

 

 

 

患者の場合は、小さな事柄がそれらと同等のパワーをもって唐突に湧き上がり、繰り返し繰り返し襲ってきます。

 

 

 

恒常的に、それらを抑え込んだり確認するための思考が、これも繰り返し(時として何十回もの自己確認が)必要となるため、

 

 

 

一つ一つの行動に時間がかかり、一般的な生活を送ることが困難になります。

 

 

 

治療は、抗うつ薬の投与などの薬物療法や行動療法などと共に、漢方の効果も注目されています。

 

 

 

漢方単独での治療ではなく、SSRI等の投薬と並行して漢方を処方した臨床例では、およそ半年間の処方により行動時間の改善が見られています。(食事に1時間以上かかっていたところが30分に。排泄90分が30分等)

 

 

 

この臨床例では、その後さらに半年の間に症状の波はあるものの、漢方の処方内容を調整することで対応し、

 

 

 

継続的に会社へ出勤できる状態にまで改善できているというものです。処方された漢方は、大柴胡湯エキス・人参湯エキス・ブシ末などの、ごく一般的な成分です。

 

 

一般に、薬物療法と認知行動療法の2本柱による治療が有効とされていますが、症状の改善が見られず行き詰る場面があることも確かです。

 

 

 

漢方など無関係と思われるかもしれませんが、ヒトの体は一つの巡りの中にあることからも、何らかの良い影響が期待できると考えられるのではないでしょうか。

 

 

 

興味をお持ちの方は是非、漢方による臨床報告などを参考になさっていただきたいと考えます。

 

 

 

強迫性障害を薬なしで自宅で治療する方法はこちらをクリック

続きを読む≫ 2014/03/07 22:29:07

家庭内暴力やひきこもりなどの原因になる強迫性障害は、古くから認められる疾患です。残念ながら時間の経過とともによくなることは少なく、長期間にわたり付き合い続けなくてはならない点が特徴です。

 

 

 

かつては治療が難しい疾患でしたが、現在では有効な治療法が確立されています。ただし、強迫性障害を見分けることが難しいという点も理解しておかなくてはなりません。患者の未来のためには早期診断・早期治療が重要です。統合失調症などと間違われやすい疾患ですが、強迫性障害が疑われる場合は専門医への診察をお勧めいたします。

 

 

 

現在の治療は行動療法とセロトニン取り込み阻害薬を用いて行うことが一般的です。ただし、両方を治療に役立てるためには熟練した技術が要求されます。特に、行動療法に関してはセラピストとしての技量が必要になります。また、強迫性障害に適した形で行動療法を用いることができるセラピストが多くはないので、患者の居住地域で利用できないなどの問題もあります。行動療法とセロトニン取り込み阻害薬を用いて行う治療が確立されていますが、以上の理由で治療が取りやめられることもあります。この点が強迫性障害の治療の難しい点です。

 

 

 

強迫性障害の治療期間ですが、個別性が大きな疾患であるとともに、治療も個別性が大きいので決められた期間で治療が完結するということは難しいといわれています。この点も強迫性障害の大きな特徴と理解しておくとよいでしょう。また、治療施設が予約制をとっていることが多く、受診まで数か月待ちということも少なくありません。専門的な施設で適した治療を受けた場合、2か月程度である程度よくなったというケースも見られます。ただし、先ほども述べた通り個別性が高いので参考程度にとどめておくほうが良いでしょう。

 

 

 

以上のように強迫性障害の治療期間は個別性が高く平均を出すことが難しいといえます。治療に当たっては、適した治療施設を見つけるところ、治療者との信頼関係を築くことが大切といえるでしょう。

 

 

 

一刻も早く治療したい方はこちらをクリック

続きを読む≫ 2014/03/07 22:25:07

強迫障害とは自分の意思とは関係の無いところで無意味な考えやイメージに捉えられてしまい、

 

 

 

それを振り払おうとして同じ行動を繰り返してしまう症状の事を言います。

 

 

 

例えば外出から帰った際にほこりや汚れが以上に気になり何度もほこりを払ったり、お風呂に入らないと気がすまなかったり、

 

 

 

トイレの後に汚れが気になって何度も何度も手を洗てしまうような行為の事です。

 

 

 

症状としては抑えきれない強迫観念とそれを振り払おうと無意味な行動を繰り返す脅迫行為があります。

 

 

 

 

日本人の約1〜2%の人がこの強迫障害だと言われています。

 

 

 

強迫障害の原因としては、脳の特定部位の損傷や脳内伝達物物質であるセロトニンの機能異常などが考えられています。

 

 

 

治療薬としてはセロトニンの異常に働きかけるSSRIというという薬が用いられます。

 

 

 

このSSRIは抗うつ剤の一種で、脳内神経伝達物質のうちセロトニン系のものだけに作用し、正常に近い状態に近づける役割をする薬です。

 

 

 

気分の落ち込みを防ぎ、憂鬱な気持ちを楽にし、意欲を高めるのに効果のある薬です。

 

 

 

比較的に副作用は少なく安全性が高い薬とされていますが、若干の吐き気や食欲不振の症状が現れる場合も在ります。

 

 

 

SSRIを12週間連続副用しても改善がみられな場合は塩素クロミブラミンという抗うつ剤が併用されます。

 

 

 

脳内神経伝達物質のノルアドレナリンやセロトニンを増加させる働きを持つ薬です。

 

 

 

この薬はけいれんや便秘、口の渇きなどの副作用が考えられます。この他にも併用が考えられる薬は、抗不安薬や抗精神病薬などが挙げられます。

 

 

 

 

抗強迫障害薬はすぐに効果が表れるのもではない為、1、2年服用を続ける必要があります。

 

 

 

早期に改善が見られたとしても完治したかどうかの判断は難しく、再発の可能性がありますので個人の判断で服用を中止してはいけません。

 

 

 

勝手な判断で服用を中止することは強迫障害の症状の悪化につながったり長引かせることにつながりますので、

 

 

 

じっくり気長に服用し、焦らずに治療していくことが肝心です。

 

 

 

強迫性障害を薬なしで自宅で治療する方法はこちらをクリック

 

続きを読む≫ 2014/03/07 22:19:07